毎月の引き落とし金額を計算する【2018上半期.ver】

完全に私事なのですが、毎月引き落とされる金額をいま把握できていないので確認したいと思います。

把握目的は、収入に対しての支出割合を計算し、日々の生活の予算を立てることです。もう一つの目的は4月下旬から始める日本一周旅行に向けての予算管理です。旅中はおそらく収入0となるので、旅中での支出をなるべく増やしたくないのです。

毎月9万円ぐらい引き落としされている

計算した結果が下記の通りです。

項目 金額 備考
家賃 40,000 駐車場代含む
水道光熱費 10,000  
通信費 10,000 携帯・ネット代
自動車保険 10,000  
社会保険 18,000 任意継続中
国民年金 0 ただいま免除中
住民税 0 5月分まで支払い済み
ローン 5,000 MacBookAir
合計 93,000  

引き落としではなく、振り込みをして支払っている項目もありますが、こんな感じです。年金・住民税は現在引き落としをしなくていい状態にありますが、これも合わせれば合計12万円コース。

あくまでもこれは引き落とし金額ですので、ここから食費やガソリン代、飲み会や娯楽費用も総支出額に加算されます。これらは節約を意識しなかったら毎月5万出ていくかな。

そうなると総支出額は17万円コース。総支給17万円あれば生活することができます。総支給20万あれば毎月3万円貯金できますね。

項目 金額 備考
収入 200,000  
総支出額 -170,000  
差額 30,000 =貯金額

生活スタイルを変えないで節約したいのであれば、企業に勤めるもしくはフルタイムでバイトをして、社会保険を会社と按分すれば約1万は節約できますね。1万って大きいですよ。まあ所得税が多少なり引かれますけどね。

支出管理は大事

f:id:yutochiba:20180317041215j:plain

こうして計算すると、自分の経済的状況を確認することができ、先の人生計画に大きく役立ちます。

「今の自分はどれだけ収入があればいいのか」

「100万貯金するまで何ヶ月掛かるのか」

「車のローンを生活に支障なく月いくらで組めそうか」

「無駄な支出はないのか」等々...

なんとかなるでしょ精神で支出管理から目をそらすと、クレジットカードの支払いをリボ払いにしてみたり、カードローンを利用してみたりなど、借金まみれになっていくのです。

 

何はともあれ、3ヶ月ぐらい支出金額が把握できていなかったのでスッキリしました。

てか、日本一周中に勝手に毎月90,000円も消えていくのか・・・。