続けることの大切さ / 私のブログ遍歴紹介

はてなブログで開設してから、43日経過しました。

 

www.yutochibablog.com

 

「ブログを書くこと」が毎日の習慣になり、どれだけ仕事で疲れてても旅行にいってる間も更新することができています。

今は歯を磨くと同じぐらいの感覚ですが、まばたきするぐらいの感覚で更新できたら最強ですね。

こんな感じで「死ぬまで続けていけたらいいなー」と気楽に考えています。

 

さて、はてなブログで43日ブログを続けてきましたが、全く苦じゃないのは他でブログを書いてきた過去があるからかもしれません。

 

きっかけは野球チームのホムペ代わり

初めてブログを開設したのは小学5年生の時でした。

2006年頃ぐらいですね、とある田舎に引っ越して野球少年団チームに入団しました。

2006年の当時は、少年団チームの公式ホームページとかブログとかはまだまだ普及しておらず、対戦相手のチームを調べたくても直接試合を観ることでしかわかりませんでした。

私は父親に勧められて、ライブドアブログで自分が所属していたチームの試合記録を投稿していきました。

今日は5対3で勝ったとか、誰がヒット打ったとか、なるべく写真付きで投稿していたのを覚えています。メンバーにブログに写真載せていい?とか聞いてましたね。

相手チームの監督やコーチとかにブログ見てるよ!とか言われるのがとても嬉しかったですね。

 

小学6年生で個人日記を開始

それから野球チームを卒団して、次にAmebaブログで個人の日記を始めました。

学校のクラスのみんなに、「検索してー!」って言って読んでもらってましたね。ちなみにその時のブログ名は「ゆーと伝記」でした。小学6年生から成長していない・・・?

中学に入ると更新がストップしてしまい削除してしまいます。承認欲求が強い中学時代はモバゲーやGREEなど、みんなが見てくれる日記機能で満足してしまうんですよね。ハンゲームのブログ機能でもやってましたw

 

まとめサイトに憧れ抱く中学3年生

それでも中学3年生頃にまとめサイト的なのに憧れて、FC2ブログをはじめるのですが全く続かず。確かワンピースのオープニングまとめ集みたいな記事を書いてた気がします。

 

高校生になり新たに2.3個開設するも続かず

高校生になり、バンドを始めた私はバンドのブログを開設します。メンバー共同で運営していて、何曜日は誰が更新みたいなサイクルでやってました。

それとは別に初心に戻りライブドアブログで個人ブログを始めるのですが続きませんでした。

バンドのブログも、訪問してくれる人なんて微々たるものでモチベがあがらず閉鎖。

自分は続かない人間なんだと自覚するようになりました。←いまごろ

妹に感化されて再度ブログを始める

f:id:yutochiba:20180423143904p:plain

社会人になり平凡な日常を過ごしていた私は、小学生の妹がAmebaブログで更新を始めたのに感化されて再度始めます。

結局それも続かず、ブログなんて向いていないって心から思いましたね。

そのブログは残っているので一応シェアしますねw

 

ameblo.jp

 

ブログでお金を稼げると初めて知る

お金に飢えていた私は、ブログでお金を稼げることを知ります。「パソコンでできる副業」とか「誰でもできるお金の稼ぎ方」とかで調べていたんだと思います。

アフィリエイトという存在は知っていてましたが、個人のブログがお金に代わるということを知って感動したことを覚えています。

しかし、無料ブログしか開設したことがない私は有料に戸惑い、2ヶ月ぐらい躊躇してから始めました。

このブログは、2016年12月から2018年3月まで続けていました。つい先月までの出来事ですね。

いままで10日続けばいいほうだった私が、ブログを1年以上続けることができたのはかなりの成長。

しかし、約500日続いたブログで書いた記事はたったの100記事。5日に一回ぐらいのペース。

 

理由は稼ぐことが目的だったから。

 

稼ぐために書いた記事ばかりで、私が本当に書きたいと思った記事が少なかったです。

「アクセスアップするためにどんな記事を書こう。」「こういう記事のほうが需要あるよな。」とか自分を押し殺してブログを運営をしていた気がします。

約500日続いたブログでしたが、大した稼げることもなく、ブログに時間を費やしていることに違和感を覚えて閉鎖することを決意。新たに自分の素直な気持ちを綴れるブログを開設することを決意しました。それがこのブログです。

12年越しに感じた "続けることの大切さ"

2006年にブログに出会ってから12年。

2006年あたりからブログを続けてきている人は中々いないですし、たまに見かけると自分なりの人生を謳歌している人たちばかりです。

12年間ブログに自分の考えや出来事を記録している人と、12年間ただ普通に過ごしている人で、こんなに人生に差が生まれるのかと驚きます。

そこで私は"続けることの大切さ"を実感します。そして後悔もします。「なんで続けなかったんだろう」と。 

 

しかし、決して私の12年間も無駄では無かったと思います。

記事が人に読まれず何度も開設して削除しての繰り返しでしたが、ようやっと人に読まれる記事を書けるようになったと思います。

 

比べてみてください。

筋トレ13日目 | 社会人2年目の放浪記

3年前に書いたこちらの記事とこのブログの記事を。

 

紛れもなく"稼ごうと思って始めたブログ"が、私のブログの書き方の概念を変えてくれました。

ブログを削除したら書いてきた記事も消えてしまいますが、知識やノウハウは消えません。

 

一つのブログを12年間続けることはできませんでしたが、何度も開設と削除を繰り返しながらも色々なブログで発信するという行為は12年間続けていました。

そしてそのノウハウは蓄積され、ようやっと自分が思うブログを書くことができています。

 

"続けることの大切さ"を胸に刻み、ブログ以外でも「まずは継続をしてみる」を目標に行動していきたいと思います。

 

 

あとがき

f:id:yutochiba:20180423144954p:plain

画像はHagex-day infoより

小学5年生でブログを始めた時に父親に言われたことを今でも覚えています。

「このブログを5年10年続ければ将来大きい物になる。」

10歳の私は「なんで大きい物になるのか」「大きい物ってなんだ」と、全く意味がわかっていませんでしたが、今ならわかる気がします。

ここから10年先続けて、32歳の時に大きい物になっていれば十分結果オーライてことで。