タランチュラに襲われる夢を見た

めちゃくちゃ怖かった。本当に目が覚めて良かった。

f:id:yutochiba:20180424071817p:plain

調べてみると結構出てくるんですね。

みんな蜘蛛に襲われてるんですね。なんか安心。

蜘蛛に食べられる夢は、あなたが仕事や人間関係に振り回されてストレスを溜め込み、弱気になっていることを暗示しています。 現実逃避したいという思考や誰かに頼りたいという思考、あるいは誰かに守られたいというネガティブな思考に偏りがちですので、ポジティブな思考に切り替える努力しましょう。

参照:蜘蛛の夢の夢占い - 夢の夢占い

あれ、、来週から日本一周する予定だけど、、もしかして、、ビビってるとかだったりしちゃって????www

まあ大丈夫でしょwww

 

夢のあらすじ

注意※ここからは大変恥ずかしいので、見たい人だけ見てってください・・・。

f:id:yutochiba:20180424073027j:plain

忘れないうちに速攻でメモしたevernote(笑)

 

私はとある公園の小さな野球場に来ていた。

その野球場では試合をしている小学生たちがいた。

私は幼いころの自分と重ねながら写真を撮っては楽しんでいた。

観客は私一人だけ。

ふとカメラのレンズを切り替えるのに地面に置いてあったバックに目をやると、自分の背後に何か違和感が。

恐る恐る振り返ると、そこにはタランチュラがいた。

声もでず、ただ驚いていた私はそっと離れた。

内野側から外野側へ来ただろうか、見えなくなったところで野球観戦を再開。

しかし、先ほどのタランチュラがまた近くにいた。

私はそっと逃げる。けれどもタランチュラはついてくる。

再び1塁側のベンチに戻る。

1塁側ベンチは守備についていて、ベンチにいたのは監督とコーチのみ。

ずるい私は、そちらにターゲットを変えないか監督の方へ近づく。

しかし、タランチュラの目は私にしか向いていない。

すると監督がエラーをした選手に向かって大声で喝をいれる。

「おい!!!何エラーしとるんや!!!」

タランチュラは大声にびっくりして一瞬固まった。

今しかない。そう思った私はその一瞬を逃さず外野へ走った。

タランチュラは私を逃さなかった。

数本の足と蜘蛛糸を巧みに使って追いかけてきた。

私は途中で腰を抜かしてしまった。

すると、ちょうど試合は攻守交替のタイミング。選手たちがベンチへ戻ってくる。

一人の少年が私の異変に気付く。

それもそのはず、小学生と監督やコーチしかいるはずのないグランドに、蜘蛛に追われて腰を抜かしている大人が一人いるのだから。

私の異変に気付いてくれた少年が助けにやってくる。普段から蜘蛛を触ってる勇者らしい。

けれどもタランチュラも距離を縮めてくる。少年も追いついてくる。

タランチュラが私に追いつく前に少年がタランチュラに追いついた。

 

 

助かった。

 

 

 

 

と、思いきや少年はタランチュラを目の前に掴むことを躊躇する。

 

 

 

 

ワイ「ファ?!?」

 

 

 

 

想像以上の大きさと迫力にさすがの少年も怖気づいてしまったのだ。

 

 

 

私は噛まれた。

 

 

 

目が覚めた。。。

 

 

夢だった。。。

 

 

 

 

あとがき

中二病くさくて、文章が痛いけど許して!!!

 

夢だったんだ!!!