どうしたら自分の為ではなく人の為に生きることができるのか

f:id:yutochiba:20180428100624j:plain

例えば、私がめちゃくちゃ有名になってお金持ちになって一生遊んで暮らせる状況になったとしたら、その時に幸せと思えるのだろうか。

 

いままでの私は「自分の人生が良ければそれでいい」と本気で思っていた。

 

f:id:yutochiba:20180428100638j:plain

もし、お金持ちになってお金が余っていたら募金とかすればいいという考えだった。

募金をする理由も「お金が余っているから」ていう冷たい理由で「助けたいから」「救いたいから」ではなかった。

お金が余っているから募金して感謝されたいという、自己中心的な考え。

 

私がどれだけ有名になろうが、お金を稼ごうが、幸せをつかもうが他人にとっては関係ない。

 

f:id:yutochiba:20180428100807j:plain

それって本当に幸せなのか。

自分の為だけに生きるってそんなに良いことなのか。

自分さえよければいいのか。

 

f:id:yutochiba:20180428101351j:plain

TOYOTAの歴代社長は自分がお金持ちになるために車を発明したのだろうか。

 

f:id:yutochiba:20180428101403j:plain

スティーブ・ジョブズは自分が有名になりたいからiPhoneを作ったのだろうか。

 

 

たぶんそうじゃない、人の為に世の為になると思って一生懸命努力したのだと思う。

 

人々の生活を変え、人々の人生に影響を与えてこそ、自分の人生に価値が生まれるのだと思う。(武井壮が似たようなこと言ってた)

 

 

例えが大きすぎて、とても自分には無理だと思いがちだったが、他にも人の為に生きている人はたくさんいる。

 

f:id:yutochiba:20180428101529j:plain

スポーツ選手は自分の為に生きているのかもしれないが、努力すれば目標を達成できるんだという夢を人々に与えている。

お笑い芸人は売れるために頑張っているのかもしれないが、お客さんに笑いを届けている。

子供を持つ親は、子供を成長させるために必死に働いて頑張っている。

 

こう考えると、自分の為に生きることが人の為に生きることなのかもしれない。

 

必死になって目の前のことを全力でやろう。

もしかしたら、それが人の為になっているのかもしれない。

人の為に生きるような人間になりたい。