外食にお金をかけることは投資なのか、単なる消費なのか

f:id:yutochiba:20180529195914j:plain

とある本に、

「食べ飲み放題3000円の安い居酒屋での飲み会はただの浪費。一食20,000円の料亭で食事をすれば、それは自己投資につながる。」

というような文章がありました。

 

理由としては、

・安いお店に行っても、安いのを求めるような人しか集まってこない。高いお店に行けば、それなりの人がやってくる。

・高いお店に行けば、今までにないような食事を経験し、何かビジネスのアイデアが浮かぶかもしれない。

こんな感じで書かれていたかと思います。

 

前者は納得しましたが、高いお店でどこかの偉い人が食事してても、そこで何か出会いとかつながりとか生まれるのかな..という疑問もあります。

後者は、高いお店に行って美味しいもの食べたからといって必ずアイデアが浮かぶとは限らないし、安いお店に通いつめた先に何か発見があるかもしれないし。

身の丈合わないお店で食事をすることは投資というのは、飲食店を経営している人ぐらいにしか通用しないのかなって思いました。

それ以外の人からしたら全部生きるための消費でしょう。飲み会は浪費ですね。

 

あとがき

久しぶりに、なかなか答えが見つからない問題にぶつかって悩んでいます。

一食500円だろうと何万円だろうと、意識して食事をしなければただの消費だと思うんですけどね。

私は「これにバジルをかけると美味しいんだ!家でやってみよう!」ぐらいの発見しかないです。

そもそもお高い食事なんてしたことないんですが。笑

 

私とは全く違う意見の人もたくさんいると思います。よければコメントいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。