日本一周中にバイク事故、廃車、全治二ヶ月、現在。

日本一周43日目。

6月11日朝6時20分ごろ単独のバイク事故を起こしてしまいました。

今朝バイク事故起こしました。日本一周緊急終了 - ゆーと伝記

 

結果的には、バイクを手放すことになり、私は擦り傷と鎖骨骨折の負傷で全治2ヶ月となってしまいました。

 

日本一周はもちろん中止となり、事故の翌日には自宅へ帰宅しました。

 

事故を起こしてしまった原因や、事故当時の状況を詳しく説明します。

事故の前日は台風の影響で大雨

事故を起こした前の日は台風の影響で大雨が続いており、さらには風も強かったのでテントを張ることが出来ませんでした。

日本一周中は基本はテント泊で宿代を節約していたので、どうしてもテントを張れない日はネットカフェなどを利用して一夜を過ごしていました。

ですが、事故を起こした前々日にネットカフェを利用していたこともあり、二日連続ネットカフェは勿体無いなと思い、近くのファミレスで夜中を過ごしていました。

ファミレスは飲食店などで、当たり前ですが寝ることは出来ず、一睡もしない状態で朝を迎えることになりました。

事故当時は小雨

ファミレスを退店し、その日最初の経由地である高千穂町へ向かいました。

向かう途中で小雨が降ってきたので、手袋や長靴といった雨対策の装備をして再度出発しました。

※前々日まで九州の梅雨の暑さにやられ、素手にサンダルに半袖という舐めた服装で運転していました・・・。

突然の睡魔からの事故

私はいつも昼食を食べたら眠くなるので、昼食1時間後に少し仮眠をしてから運転をするなど、居眠り運転に関してよく注意をしていました。

しかし、日本一周中の徹夜は初めてで、徹夜後の睡魔がどれだけ恐ろしいかを知らずに運転していました。

「睡魔がきたら、すぐにバイクを停めて仮眠を取ればいい」

そう考えていた頃、突然睡魔が襲いかかり、気づけば事故を起こしてしまいました。

事故現場の状況

天候はやや雨で、路面はウェット状態。

バイクを転倒させた場所は緩やかなカーブで、歩道の白線がひいてある場所でした。

気づいた時は既にカーブに差しかかっていて、目の前にはガードレールが見えました。

私は思いきりハンドルを切り白線の上で滑らせ転倒。バイクは地面に叩きつけられ、私はガードレールの方へ飛ばされました。

ガードレールの柱に首から肩にかけて激突し、そのままの勢いでガードレールの外へ。

幸いなことに、ガードレールの向こう側は旧道路だったので、崖から落ちるということはありませんでした。

事故後の対応

事故が起きた後すぐに立ち上がろうとしたのですが、なかなか立つことができなかったのですが、道路に転がっているバイクを起こすため気合いで立ち上がりました。

バイクの前輪が回らないこと確認し、バイク前輪側を持ち上げてガードレールの方まで引きずり立てかけました。

家族に事故が起きたことの一報を入れた後、保険のロードサービスに入っていたので、レッカーの手配をし状況の整理をしていました。

 

レッカー車両が来てバイクを積んだあと、レッカー先のバイク屋さんの途中にある病院に寄ってくれたり、わざわざ宮崎から福岡まで送ってくれたりと、レッカー業者の方にとても親切にしていただきました。本当に助かりました。

 

事故を起こして思うこと

f:id:yutochiba:20180611084805j:plain

今回事故を起こして、バイクと日本一周旅行を失うことになりました。

 

バイクは危ない乗り物でもないし何も悪くない。

悪いのは、安易な考えで徹夜のまま運転をしてしまった自分です。

本当にバイクに申し訳ない。

 

何より「事故だけには気をつけてね!」「安全運転でね!」と言っていただいた、全国各地の出会った方々にすごく申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

しかし、対人対物事故ではなかったこと、自分が手足揃って生きていること、これだけが唯一の救いというか不幸中の幸いだったなと心から思います。

もしこれが、歩行者にぶつかって死亡させてしまったり、自分自身が死んでいたりしたら、本当に取り返しのつかないことになっていたなと思います。

それぐらい私は、軽率で責任感のない行動をしていたんだと反省しています。

 

今回の事故が不幸中の幸いだったのは、神様がチャンスを与えてくれたのだと思うようにして、もう2度と同じような事故を起こさないように気をつけたいなと思います。