ブログは量よりも質なのかなーと考える日々

「ブログ初心者は質よりも量!」

「アクセス解析見ている暇があるなら記事をかけ!!」

果たしてそれは本当なのだろうかと思うようになりました。

確かに、アクセスを集めるためには量が必要だし、ブログを書くことに慣れというのも必要。

しかし、この質よりも量を投稿するスタンスは、やがて適当記事のができてしまうのではないかと不安になりつつあります。

 

「とにかく書くこと」「記事を増やすこと」

こう、おっしゃっている人の多くは、記事の完成度は100%じゃなくていい。70%でも60%の状態でもいいから投稿しろと言います。

初心者の人が、ブログを毎日書くことの習慣を身に着けたいのであれば、これは間違いじゃないと思います。

ですが、永遠に60%の記事を書き続けてもアクセスは伸びにくいんですよね。

やっぱり、アクセスを集めるには完成度の高い読まれる記事が必要になってきます。それが完成度60%で実現できていたら苦労はしません。

 

私も、とにかく毎日投稿することを目標に雑ながらに続けてきました。時には完成度50%で妥協して投稿した日もありました。

そのおかげで、毎日ブログ書くことは習慣になり、投稿できていない日の夜はソワソワする感覚に襲われます。

ブログを投稿していない=歯磨きしていないぐらいの感覚です。

これはブログ開設当初から目指してきていたことなので、とても嬉しいです。

 

しかし、150記事弱という状況ですがアクセスがまだ伸びてきません。

これには少し不安を覚えます。

やっぱり毎日投稿するからには、結果がついてきて欲しいし、たまにしかあげていないブロガーには負けたくないと思ってしまいます。

ですが、負けてしまいます。

この差は一体何なのか、少し考えてみました。

 

やはり、クオリティなのではないかと思うんですよね。

毎日60%クオリティ記事を投稿するよりも、しっかり時間を費やして作った1記事のほうが結局強い。

でも、私には毎日投稿ができるという武器があります。

その私がクオリティ上げて毎日投稿したら、アクセス暴走サーバーダウンも夢じゃないかもしれません。

 

結局何が言いたいのかというと、、

いつまでも60%の記事を投稿し続けるのではなくて、毎日投稿する習慣が身に付いたら徐々にクオリティあげていKO☆ということです。

 

ひとりごと

ブログ上級者の方は初心者に「3ヶ月はだまって記事増やしてこー」と言いますが、そのあとのアドバイスはないんですよ。

私のように、誰かのアドバイス頼みにブログを続けてきた人にとっては野放しにされている状態ですので、3ヶ月以上続けてこれた人にもアドバイスをしてほしいですよね。

以上。