毎日10分間読書します! / 塵も積もれば山となる

本を読むことが好きなのですが、なぜか全部読み切れないで終わってしまいます。

本屋さんで「よし帰ったら一気に読むぞ!」と意気込んでも、いつも5分の1ぐらいしか進まず。

結局、次の日ページを進めてみるが途中で閉じてしまう。

買うだけ買って中途半端な自分にすごく嫌気がさしていたのですが、そういう人って意外に多いみたいなんですよね。

www.lifehacker.jp

一気に読まなきゃ!という概念を捨てる

先ほど言った通り、本屋さんで「本買って、家で一気に読むぞ!」と意気込んでもいつも読まないんですよね。

何度やってもそうなら、もういっそのこと一気に読むことを諦めてみます。

逆になんで一気に読むことにこだわっているんだろうと悩んじゃいました。

「内容が忘れちゃうから?」

「たくさん本を読めるから?」

結局一気に読むことができず、期間あけて読んだ方が内容覚えていないんですよね。

たくさん本を読むどころか、一冊も進まない状況が生まれてしまいます。

 

塵も積もれば山となる

f:id:yutochiba:20180731231518p:plain

読書速度の測定・読書スピード計測|読書速度ハカルくん

私の読書スピードはかなり遅めです。もしかして読むスピードの遅さが、一気に読んじゃう前に疲れてしまう原因かもしれません。

どうやら私は、ハリーポッターを読むのに10時間もかかってしまうそうです(笑)

ですが、仮に1日10分しか読まないとしてもたった2ヶ月で読み終わります。

読書スピードがどんどん上がればもっと早くなりますし、読む時間を徐々に増やしていけばもっともっと早くなります。

まさに、塵も積もれば山となるですね。

どんなに短時間でも継続することが大事になってきます。

 

読書スピードはこちらのサイトで測ることができます▼

www.sokunousokudoku.net

まずは毎日10分間読書する

どれだけ忙しかろうが、具合悪かろうが、必ず10分は本を読む時間を作ります。

たとえ10分でも、毎日読めば本は進めることができます。

10分読んで続きが気になるようであれば、時間が許すだけ読めばいいですし。

とりあえず、毎日本を読むという習慣を身につけないと一気に読む力も身につかないと思うんですよね。

基礎を作らないで応用にいこうとして失敗する典型的な例ですね。

読書の秋に向けて、真夏から本を読むことに取り組んでいきます。(笑)