コールマン(Coleman)のガスランタンの燃焼時間が最強だった【ルミエールランタン】

f:id:yutochiba:20180810114230j:plain

キャンプが好きな私ですが、今までヘッドライトやLEDランタンといった電池タイプのランタンしか持っていませんでした。

ランタンにロマンを追い求めて、ガソリンタイプのランタンが欲しかったのですが、値段が張ってなかなか手が出せないんですよね。

でも本物の炎で明かりを灯したいので、ガスタイプのランタンを購入しました。

 

コールマン ルミエールランタン

燃焼時間:約28~38時間(230g缶) 
本体サイズ:約7.3×6×18.3cm
重量:約210g
付属:プラスチックケース 

引用:https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N02016.html

本体重量は210gなのでとても軽い

f:id:yutochiba:20180810120311j:plain

コールマンのロゴが輝かしいこのランタンは、本体重量たったの約210gなのでとっても軽いです。

逆にこんな軽くて本当に大丈夫なのかな?って不安になります。(大丈夫です)

 

燃焼時間は驚異の28時間以上

f:id:yutochiba:20180810123810j:plain

230gのOD缶で約28~38時間もの間、明かりを灯してくれます。

※OD缶とは普通のカセットコンロのガス缶とは違い、キャンプなどでよく使われるような少しだけお高い缶のことです。(上記写真参照)

1回のキャンプで6時間使っても、缶一つで4日間は持つのです。コスパが良すぎる...

 

コールマン専用ケース付き

f:id:yutochiba:20180810121146j:plain

しかもケースが付属しているので、割れる心配をすることなく保管することができます。

これなら、バックパッカーやライダーの方でも安心して持ち運べます。しかも軽いし!!

実際に着火してみた

f:id:yutochiba:20180810122246j:plain

ガス缶にセットしただけでは火は付きませんので、着火にはライターが必要です。

※服が破けているのは交通事故の勲章です。(笑)

 

f:id:yutochiba:20180810122748j:plain

▲そしてこの躍動感である。

「ボンッ」とでかい音を鳴らし、無事着火することができました。

※一瞬爆発したかと思って、ビビったのは内緒です。

 

炎を灯すと想像以上のロマンがそこにあった

f:id:yutochiba:20180810123032j:plain

今まで使っていた電池式のランタンとは違い、とても味のある絵ができあがりました。

暖かい炎が一気にキャンプの質を高めてくれます。

LEDタイプのランタンも電池を取り換えるだけだったり、肉の焼き加減などを見るのにはとても使い勝手は良かったのですが、やっぱり雰囲気は大事。

この暖かいランタンを味わうと、もうLEDランタンには戻れないかもしれません。

いつかはガソリンランタンも手に入れたいのですが、経済的な面で考えるとガスランタンもいいかもしれません。

これからキャンプを始める方にはぜひ買ってほしいオススメの商品の一つです!