少しずついつもの生活に戻ってきました - 北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震が起きてから丸二日以上が経過しましたが、ようやっとライフラインが回復してきました。

水道はところどころ断水の地域もありますが、電気に関してはほとんどの地域で復旧しているみたいです。

 

ただ、いまだに食品スーパーやコンビニ、ガソリンスタンドが追いついていない状況で、通常営業はまだできていないみたいです。

明日から徐々に回復するみたいですが、余震もあるかもしれないので油断は禁物です。

 

f:id:yutochiba:20180908225653j:plain

▲昨晩18時ごろですが、すすきのを通ってきました。

半分ぐらいの看板はついていますが、お店は1/4ぐらいしかやっていませんでした。

稼げる金曜日にこの状況だと飲食店も大ダメージだと思います。

ただ、営業しているところも普通にあって、普通にお客さんがビール飲んでて平和だなーと思いましたw

 

f:id:yutochiba:20180908225915j:plain

▲一方私の地域は、札幌の中でも電気が通るのが遅かったです。

もちろん電気が通っていないので炊飯器は使えず、土鍋でご飯を炊いていました。

こういう時に鍋でご飯を炊く知恵があって良かったです。

水の量は目分量ですが、しばらくつけ置きしたあとに弱火で20分ぐらい炊きます。

炊けたらすぐに蓋をあけずに、30分ぐらい蒸らせばふっくらご飯ができあがります。

正しいやり方ではないかもしれませんが、ちゃんと食べれたので良しとしましょう。

 

さいごに

この地震で亡くなった人も少なくありません。

実際に地震が起きた時は夜中だったので何もすることができず、どうせ何事もなく収まるだろうと布団に入っているしかありませんでした。

北海道は台風も地震もそんなに来ないから大丈夫だろうと、日本のどこかで災害が起きても何も対策してきませんでしたが、今回ばかりはビビりました。

私の性格上、少しは火傷しないと気付かないみたいです。

どんな地域でも、どんな時でも災害対策はしておくべきだと思います。

これが冬じゃなくて本当に良かったです。