そろそろ資金が完全にショートしそうです。

与沢翼

「資金が完全にショートしました」

引用:経営危機のご報告 | YOZAWA TSUBASA BLOG

 2014年4月に与沢翼さんが仰ってたように、私も資金がショートしそうでビビっています。

住民税やら国民保険料、住んでいる家の家賃や通信費の支払いで口座残高は残り1万を切ろうとしています。

 

今年の初め頃は140~150万程度の貯蓄があったのですが、全て使ってしまいました。お恥ずかしい限りです。

特に数十万単位の買い物をしたわけでもなく、地道に消えていった次第です。

お金が消えていったという表現は訂正します。そのお金で経験できたことはたくさんありますので。

 

まず、会社をやめてバイクで日本一周旅行に行きました。

その間はもちろん仕事はしていませんし、超長期型の旅行をしているわけですから、お金が水のように減っていきました。

ですが、全国各地で色々な人と出会い、色々なものを見て食べて知って、何よりバイクで日本一周に挑戦したという経験を得ることができました。

スーパーカブで日本一周 - 特設ページ - ゆーと伝記

結局3分の2ぐらいのところで事故を起こしてしまい、日本一周の挑戦は途中で終わってしまったのですが、それもいい経験になりました。

日本一周中にバイク事故、廃車、全治二ヶ月、現在。 - ゆーと伝記

 

次に待ち受けていたのは無職期間です。

事故で鎖骨を折ってしまった私は、身体が自由に動かすことができずすぐに働くことができませんでした。

しかし、家賃や食費はどうしてもかかってしまいます。

これもまた、ただただ貯金からお金が減っていくばかりでした。

 

そんな私ですが、ようやっと9月1日から就職することができ、なんとか収入源を確保することができました。

ですが、給料が入るのは9月25日。

それまで口座に残っている1万で過ごすしかありません。

カフェにもいけないし、飲み会にも参加できなさそうです。(←贅沢言うなよ)

とにかく、25日までクレジットカードなどを駆使して借金だけはしないように努力したいと思います。

 

 

今回、資金がショートしそうになって「人は生活水準を簡単に下げることができない」と感じました。

生活水準は簡単に上げることが出来ても、下げることは難しいです。

私が資金がショートしそうになった理由はそこにあります。

給料を毎月もらっていた生活から、無職なりの生活に移行できなかったんですよね。

収入源もないまま外食ばかりし、好きなものを買っていればお金がなくなるのも当然です。無職の人がする行動ではありません。

 

与沢翼さんは2014年に資金がショートしてから、死に物狂いで努力をしたそうです。

今では毎月1億円の豪邸を購入するぐらいのお金持ちになっています。

 

私もお金がなくなるぐらい自由に過ごしたので、そろそろ死に物狂いで努力しようと思います。