超簡単!美味しい煮卵を初めて作ってみた!【作り置きレシピ】

煮卵ってなんだか作るのが面倒な気がして、今まで作ったことがありませんでした。

そもそも煮卵ってラーメンとかに入っているものだと思い、家で食べるイメージがなかったのかもしれません。

 

youtu.be

草彅さんのこの動画をみて煮卵に対する考えが変わりました(大げさw)

煮卵は作っておけば、小腹が空いた時いつでもパクッと食べられちゃうんですよね。

動画を見ていたら、なんだかお腹が空いてきたので作ってしまいました!

 

材料

f:id:yutochiba:20180901214703j:plain

今回用意した卵の数は6つです。

  • たまご 6個
  • 醤油 100g
  • みりん 100g
  • 酒 100g
  • 水 1000g(茹でる用)
  • 氷水(冷やす用)

※水と氷水は画像には写っていません。

初めての煮卵作りに挑戦!

挑戦!...っていっても作業はシンプルです。

f:id:yutochiba:20180901215634p:plain

▲最初に用意した3つの調味料を混ぜます。

あとは鍋に水を入れて沸騰を待つだけ、これで基本の準備は完了です!簡単すぎ!w

f:id:yutochiba:20180901215753p:plain

▲草彅さんは茹でる前に卵の殻を少し割っていたので、私も真似してみました。

どうやらこれで、茹でた後に剥きやすくなっているらしいです!

f:id:yutochiba:20180901215916p:plain

▲こんな感じで全部割ってみました。

もう少しヒビは小さくてもいいみたいです。ちょっと割りすぎました。

f:id:yutochiba:20180901220016p:plain

▲そんなこんなでお湯が沸騰したので、おたまで優しく卵を入れていきます。

卵を入れている段階で白身が少し出てしまったので、やっぱりヒビが大きすぎたようです笑

f:id:yutochiba:20180901220131p:plain

▲茹で時間は6分から8分ぐらいの間を目指せばなんとかなると思います。

半熟が好みの方は6分ぐらいがいいらしいです。

f:id:yutochiba:20180901220351p:plain

▲茹であがったら氷水に入れしばらく放置します。

私はだいたい5分ぐらい放置してから、殻を剥き始めました。

f:id:yutochiba:20180901220640p:plain

▲卵の殻を最初に割っていたおかげで、めちゃくちゃ剥きやすかったです。

写真の通りツルツルのゆで卵が出来上がりました。もうこのまま食べたい...

たれに漬け込む

f:id:yutochiba:20180901221008j:plain

▲卵の殻を剥いたあとは漬け込むだけで完了です。

2時間経過後

f:id:yutochiba:20180901221141j:plain

▲画像下部分にある二つの卵が2時間経過後です。

もうすでに味が染み込んでいそうです。ひっくり返してもう少し待ちます。

7時間経過後

f:id:yutochiba:20180901221334j:plain

▲だいぶ色が染み込んでいて、もう食べれそうな感じですね。

今回は作り置きレシピなので、まだまだ放置して様子みます。

24時間経過後

f:id:yutochiba:20180901221456j:plain

▲7時間も24時間も見た目にはあまり変化は感じませんでした。

問題は中までどれぐらい染み込んでいるかですね。

f:id:yutochiba:20180901221555j:plain

▲中までしっかりと味が染み込んでいました。

半熟とまではいきませんが、いい感じにとろみがついていて美味しいです。

ただ少ししょっぱいですね。あと、酒の匂いが強いかも・・・。

砂糖と水を混ぜればもっと美味しいかも

今回の草彅さんのレシピで十分美味しかったのですが、少し濃すぎたかなーっていう印象もありました。

実際に色々なレシピを調べてみると、水や砂糖が入っているものがたくさんありました。

色々な比率を試してみて、自分なりの黄金比を見つけたいですね!

まとめ - つけ置きは7時間まで

24時間漬け込んでみましたが、表面の色は7時間から変わらずでした。

漬け込みすぎても中まで味が染み込みすぎてしまうので、7時間経ったらタレを捨てて保管するのが良いのかもしれません。

今回の容器はタッパを使いましたが、ビニール袋タイプのジップロックを使うのもありですね!

つけ置きする時間はありますが、それまでの過程は超簡単なので皆さんもぜひ試して見ください!